読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆さクラゲ

長い文章

辞める

 中3の頃に悪の組織の人に捕まって、将来のことを考えようとすると途端に思考がぼやけて気を失う手術を施されている。下高井戸のカフェ「からすむぎ」で別に美味しくないコーヒーと俄仕込みの各国料理を出しながら食べログで3.2ぐらいをとって7,8人の固定客と暮らしていきたい、し突然辞めたい。こういうふわふわした将来設計はフィクションの部類に入るらしくぜんぜん気を失わないのでいくらでも考えていられる。院とか就職とかそういうのは本当に良くないです。
 時々発症する強烈な衝動性も相まって「ものごとを辞める時は突然辞めるのがもっともよい」という美的価値観、高度に発達した社会に生きる一個の人間としてあるまじきものを持っているんだが、そういうものじゃないらしい、バイト辞めるときも2週間前通告したことない。デニーズのキッチンは2日で辞めました。なにかそれなりに続けてきたものごとを辞めるというのはまあまあ大きなイベントで、それはわかっていて、だからこそ急に辞めたいっていうか、事前にこれこれこういう事情があってだから辞めますって説明できるような生ぬるいものならば辞めるような必要はないだろうと思うのだ。もうほんとに嫌んなっちゃって、その衝動こそが、それだけが、ものごとを辞めるに価する真の原動力になるのではないだろうか。なりませんかね。受験だからゲームやめるわ、とか、そういったことごとのほうがおれにはよほど意味わからない、大学やめてどっかの農学部とか入りなおしたい気もするんですけど、そういうのほんとよくわからないです、意識が遠のいていく。
 あとこれは完全にお遊びの部類なんですが、めちゃくちゃお金があったらすごい大きな鉄道会社を立ち上げてある程度利用者数が増えたところで急に辞めたい。東京メトロとは言わないけど、東急電鉄ぐらいは欲しいかな。ほんと電車って嫌いなんですよ、電車は好きです。電車にいっぱい人がいるのが嫌です。この毎日毎日移動しなきゃならない感じやめてくれよ、すべての会社と学校いっせいに潰れろ。事前通告とかぜんぜんなしに、ある日突然始発がこない。通勤ができない。通学ができない。大混乱。都市機能の麻痺。これって犯罪になるんでしょうか。まず従業員を言いふくめられない気がするな。おれは止めたつもりでもなんか国とかがいい感じにやって午後には運転再開してる気もする。まことに突然辞めるのは難しい。突然辞めるのが難しい社会は美しくない。